FC2ブログ

おひとりさまとダックス2匹

40代OL、愛犬2匹と毎日の記録。ケンケンがヘルニア&免疫介在性溶血性貧血発症し治療中

わんわんDAYケンケン病院へ行くの巻







今日は有給


でも雨のため散歩もいけず、こういう日は、ヒッキーな、わが家なんだけど、今日は違うのだ~。


まずは、ケンケンを病院へ

ここはつい最近できた動物医療センター

ちょくちょく通っていたのに、あれっいつの間にできたの?ってHPを見たら、かなり、最先端医療

今日、ケンケンを連れて来てます。

実は、
ケンケン背中に出来物が何ヵ月前に出来て、いつものかかりつけのお医者様にみてもらったんどけど、例のごとく、大丈夫人間のニキビと一緒だからって、あっけらか~んと言われたの。別の大きな手術をやるとき、一緒にとれば、平気平気って。(無駄な麻酔で負担をかけないという方針なもんで急を要さないときはあまり心配させない先生なのね)

でも心配性の飼い主。触るたびに気になってたの。

この病院のHPに、皮膚にできた腫瘍は、最初小さくて、大きくなるまで、放っておいてしまい、発見が遅くなる。日頃から、身体を触って、気になるようなら、ご相談ください。って書いてあるじゃない


行くしかないでしょ、診てもらわないわけないでしょって、りなたんをトリミングに送った足で行ってきました

ヘルニアのことをお話して、触診

リンパへの転移もないし、出来物は、皮膚に出来ていて、移動する。根がはったものではない。
腫瘍ではない。
でもどういう状態のできものか細胞を注射器でとって調べることに。


その結果から、切除が必要か決めましょう。ということになり、注射器で細胞を採取して分解したものを、
15分後顕微鏡で見せてもらいました。(診察室の裏にこれまた立派な救急しつやらがあるじゃぁない!)


内容は、膿、膿とたたかっている、なんとか、これが、どんどん大きくなっているんだとか。
細胞分裂したアメーバーみたい・・・

まず、抗生物資を10日飲ませて、少し膨らみがなくなるか様子をみることに、なりました。

あまり、触らないように気をつけててのこと。
つぶそうとしたり、膿を出そうとしないようにって。

でも安心しました!
悪性じゃぁなくて。

毎日なでてると気になって仕方がなかったの。

これで安心

先生もとっても親切で、受付でお薬をもらうときにも出てきてくれるし、外まで送ってくれるし。

先生は、5人
院長先生のお写真も若いけど、皆さんお若い。
この間、MRIを取りに行った、高度医療センターキャスミックに似た作り。
施設も明るくて、駐車場も広いし、診察料は、こんなに立派な病院だけど、全然他と変わらないし、
何かあった時、診察に不安があった時は、いいのかな。
なんせ、かかりつけのお医者様は、ほんとに、あっけらか~んと「あんまり心配しちゃいけないよ」っていうだもん。


さぁ次はりなちんのお迎えに行かなきゃ




  1. 2012/05/22(火) 15:17:24|
  2. りなけん日記

プロフィール

かしこ

Author:かしこ
一人と2匹暮らし
ついに40代突入B型、おとめ座、埼玉県在住、
旅行会社に勤める、出張ばっかりの超多忙なサラリーマンOL

りなちん:Mダックスクリーム女の子
お留守番時間は、短くなって10時間以内(時々12時間)
おっとりな内向的、お散歩範囲は狭く、埼玉スタジアムや桜草公園、ドライブ、母さんとお買い物に行くこと大好きです。
ケンケン:りなちんの実の弟くん、すっかりお姉ちゃんより大きくなった甘えん坊くん。2011年10月ヘルニア発症

いくつになったの

*script by KT*

いくつになったの

お友達のブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンク